スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜歯ヵ所など

あーさてー

鼓太郎様帰還いたしました。

流石に老犬に全身麻酔は負担だったのでしょう
前回よりも長いこと、歩けばふらふらして立ち止まり
ぼーーっとしておりまして、10時過ぎまでは飼い主の胸元で抱かれた状態で眠り続けておりました。

夜は、2回に分けて少量ながらも、ほぼ完食
食後は少し調子を取り戻し、ゆっくりとした歩みで飼い主ストーカーも復活
いつもより早く寝室へ移動しまして、朝まで熟睡

朝ごはんは、少々食べにくいのか?ゆっくりとではありますがペロリと平らげ、いつも通りに食後のひと眠り、ふた眠り




抜歯はというと
前歯に関しては、下の犬歯以外の他の小さいの全てと、上の犬歯と横の2本以外は全てサヨナラ(歯石によって辛うじてついていた感じ))
左上一番奥の前臼歯(3本足のデカいヤツ)とその後ろの後臼歯1本ずつ抜き
右上は前臼歯の直ぐ後ろの後臼歯を1本抜歯
右上前臼歯の内、歯肉の後退が激しく(歯の二また部分が露出していた)常に食べかすが入り込んでしまっていたものを抜き
右下前臼歯の内、エプーリスが出来やすくなっていた部分の歯を抜きまして、歯肉にできていた腫瘍を大きく切除

大きな前臼歯については、生かせるかなぁ?と思っていたのですが思いの外深部まで侵されておりまして、歯石を除去しただけで割らなくても抜ける状態で、抜いた歯を見せて頂きましたが、辛うじて3本足と判る状態でした。


背中のポッチも根っこを焼処理して頂きまして、今は黒子っぽくなっておりますが、かさぶた条になった後ポロリと取れるそうです。



術前血液検査
腎臓の数値は良好
肝臓の数値が高い。
要治療レベルではないものの要観察
今年は春先からステロイド治療を行っていたので、その時期に上がって今下がってきている段階という可能性もあるので春の血液検査時に判断。


覚悟はしておりましたが・・・治療費は、飼い主の予想ほぼ的中
歯石除去だけじゃなかったからね・・・致し方ございません

坊ちゃまが健やかな老年期を過ごしてくれるなら
ヨシとしましょう。

老化によって歯石、歯垢が付着しやすくなるそうです。
身体の健康は歯の健康から!ということで
皆様も歯は大切にね。ね。ね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター&アクセス解析

ブログ内検索

* * *

木が育つと、本物の苗木が植樹されます

-6%

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

eiko

Author:eiko
北海道在住
犬猫を拾っては親を巻き込む幼少期を経て、現在は子供の頃から興味津々だったミニチュアダックス(高齢)の飼い主。
ミック B&T(♀) オチビちゃん
☆1997.02.05~2011.10.21
(14歳8か月16日) お星様になりました
鼓太郎 Red(♂) ヘルニア持ちの甘ったれ
☆1998.04.01~2016.09.03
(18歳5か月2日) お星様になりました

愛車①:TANTO
愛車②:SE BIKES DRAFT LITE 700C

2006/01 スノーボード始めました
2006/09 スケートボードやってみました
2007/08 犬連れキャンプ始めました
2009/10 片方だけスキッドに成功しました
***HN変更しました***(旧:こた)

ウチのカワイ子ちゃん達
鼓太郎
参加してます♪

お気に入り
MOON


moon phase info

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。